So-net無料ブログ作成
検索選択

「駄々っ子みたい」 山岡氏、自民の国会戦術を批判(産経新聞)

同居の兄をけり死なせる 容疑の男逮捕(産経新聞)

 兄をけるなどして死なせたとして、茨城県警筑西署は21日、傷害致死の疑いで、茨城県筑西市関本下、土木作業員、永田秀吉容疑者(45)を逮捕した。永田容疑者は「いらだってやってしまった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、永田容疑者は今月13日、同居する兄の無職、吉孝さん(53)の頭や背中などをけって、肋骨(ろっこつ)を骨折させるなどして、16日ごろ、呼吸不全で死亡させた疑いが持たれている。

 同署によると、永田容疑者が13日に帰宅したところ、台所が水浸しになっていたため、吉孝さんに片付けるように言ったが、全く応じず動かなかったため、暴行したという。

 17日朝、吉孝さんの死亡に気付いた永田容疑者が通報した。

【関連記事】
傷害致死罪で主婦を起訴 夫へのインスリン過剰投与 福岡地検 
罰ゲームは死の覚醒剤焼酎 元組員「合法ドラッグ…飲ませた」
京産大生死亡、傷害致死容疑で19歳少年逮捕 クラブでもめ殴る
妻の妹を殴り死亡させる・傷害致死容疑で夫婦逮捕 広島
七味唐辛子飲ませ4歳次男死なす 母の実刑確定へ

<新型インフル>ピーク過ぎたか…WHO、23日に判断(毎日新聞)
公認会計士受かったけれど、直面する就職難(読売新聞)
火災 高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
【党首討論詳報】(4)首相「消費税の議論、早すぎる」(産経新聞)
<名古屋市議会>開会 87議案提案(毎日新聞)

「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検−千葉大生殺害放火(時事通信)

 千葉大生荻野友花里さん=当時(21)=殺害放火事件で、強盗殺人などの容疑で再逮捕された無職竪山辰美容疑者(48)=別の強盗事件などで起訴=が、千葉県警松戸署捜査本部の調べに「金がなくなって自暴自棄になり、強盗でもいいと思い、始めた」との趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は同日、同容疑者を送検した。
 捜査関係者によると、竪山容疑者は別の強盗事件で服役し、昨年9月に出所。この際、現金約30万円を所持していた。しかし飲食や宿泊で間もなく底を突いたという。
 また、荻野さん宅への侵入方法について「ドライバーベランダの窓を割った」と供述。窓には外から割られた形跡があり、鍵が開けられていた。放火については「(現場に残された)自分の体毛などの証拠を隠滅しようと思った」と話しているという。 

【関連ニュース
【動画】ティファニー強盗、映像公開
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査
「やっと逮捕、友花里に報告」=両親らコメント
路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」

<偽1万円札>タクシー料金支払いで使う…前橋、高崎で3件(毎日新聞)
千葉大生殺害、竪山被告を強殺容疑などで再逮捕(読売新聞)
芳醇? 鮒ずしで生キャラメル 滋賀のメーカー開発、販売(産経新聞)
<農水省>データ捏造で職員を追加処分(毎日新聞)
<「リニモ」>停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車(毎日新聞)

<訃報>瀬川康男さん77歳=絵本画家「いないいないばあ」(毎日新聞)

 瀬川康男さん77歳(せがわ・やすお=絵本画家)18日、直腸がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻朱々子(すずこ)さん。

 67年刊行の「いないいないばあ」は400万部を超すロングセラー。他に「ふしぎなたけのこ」(ブラチスラバ世界絵本原画展グランプリ受賞)、「ぼうし」(絵本にっぽん大賞、講談社出版文化賞受賞)など。

「なぜ介護業界で働きたいかを伝えて」―厚労省が成長分野で就職面接会(医療介護CBニュース)
福岡地下鉄「キャナル経由」新ルートで延伸 天神南→博多(産経新聞)
<雑記帳>声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)
那覇発JTA機、気圧低下表示で引き返す(読売新聞)
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)

民主、「政治とカネ」問題の逆風もろに…長崎県知事選(スポーツ報知)

 任期満了に伴う長崎県知事選が21日、投開票され、自民、公明両党が支援した前副知事の中村法道氏(59)が初当選した。一方、民主、社民、国民新の与党3党が推薦した前農水省室長の橋本剛氏(40)は鳩山由紀夫首相、民主党・小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題で逆風にさらされた。

 鳩山由紀夫首相(63)、民主党の小沢一郎幹事長(67)の「政治とカネ」の問題が、ついに地方選挙にも影響を及ぼした。民主、社民、国民新のオール与党が推薦した元農林水産省改革推進室長の橋本剛氏が敗北。テレビで速報が流れると、選挙事務所には「ああ…」といううめき声が漏れた。

 長崎は昨夏の衆院選で、民主党が4選挙区で全勝した“王国”。2区では「小沢ガールズ」の福田衣里子氏(29)が久間章生元防衛相(69)を破る大金星を挙げ、昨秋までの知事選の前評判は「与党優位」だった。

 ところが、首相と小沢氏の資金問題を克服できないまま選挙に突入。小沢氏は収支報告書虚偽記入事件で元秘書の衆院議員らが逮捕、起訴された。内閣支持率も急落する中、小沢氏は1月、県連パーティーで「橋本剛君を知事に選んでいただければ、自主財源の交付金も皆さんの要望通り。欲しいということであれば高速道路を造ることもできる」とまで語ったのだが…。

 党選対幹部が「長崎の知事選は参院選に向けた“中間選挙”。有権者の動向を知るバロメーターだ」と重視した選挙戦。前原誠司国交相(47)、原口一博総務相(50)ら主要閣僚も投入されたが、結果は「政権交代」の熱気が急速に冷めたことを浮き彫りにした。

 輿石東幹事長代行(73)は敗因を「相手は前副知事で、知名度の違いが一番の理由」と強調。しかし、今後は国会論戦でも、政治とカネや普天間基地移設問題など課題山積の鳩山政権が、野党からさらなる攻勢をかけられることは必至。小沢氏の進退問題が、夏の参院選をにらみ再浮上する可能性も出てきた。

 【関連記事】
三宅氏“緊張ゼロ”の委員会初質問…小沢ガールズ一番乗り
鳩山由紀夫 民主党 小沢一郎 調べる

ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
<新型インフル>ピーク過ぎたか…WHO、23日に判断(毎日新聞)
【from Editor】骨折で済むうちはまだいい(産経新聞)
「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)

<ホッキョクグマ>引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)

 北海道帯広市のおびひろ動物園へ移る札幌市円山動物園の双子のホッキョクグマ、「イコロ」と「キロル」(ともに1歳、雄)のお別れ会が20日に行われる。

 2頭は08年12月に生まれ、人気を集めていたが、道内のホッキョクグマ繁殖計画の一環で、母親の「ララ」(15歳)が釧路市動物園のデナリ(16歳、雄)と新たな繁殖を目指すことになり、2頭を移動することを決めた。

 お別れ会は午後2時からホッキョクグマの屋外展示場前であり、2頭におもちゃが贈られる。21日午前8時ごろ、同園を出発する。おびひろ動物園からは替わりに「ピリカ」(4歳、雌)が22日にやって来る。

 ただ、2頭の所有権は円山動物園にあり、近親交配を避けるため、引き続き海外との交換を目指す。【円谷美晶】

【関連ニュース
雑記帳:ホッキョクグマお別れ会 札幌
COP15:解けるシロクマ…氷像で生態系の危機訴え
注目DVD紹介:「クヌート」 世界を魅了したホッキョクグマ 名もなきクマの成長も
ホッキョクグマ:ジェイソン死ぬ−−浜松市動物園 /静岡
ホッキョクグマ:嫁取り前に豪太、引っ越し−−男鹿水族館GAO /秋田

<雑記帳>元ラブホテルをネット公売…愛媛県(毎日新聞)
子守唄で児童虐待防止 母性愛、育児の知恵…全国キャラバン展開(産経新聞)
<千葉大生殺害>現場を複数回下見 「入りやすそうだ」(毎日新聞)
「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市〔地域〕(時事通信)
通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず−沖縄・宮古島(時事通信)

経産省、オバマ流でIT政策への意見募集(読売新聞)

 経済産業省は、情報技術(IT)政策について幅広い意見を短期間で集めるため、23日から3月15日まで同省ホームページに専用コーナー「アイデアボックス」を設ける。

 アイデアへの賛否も投票できる仕組みで、意見は産業構造審議会(経産相の諮問機関)での議論に活用する。

 米オバマ政権が同様の仕組みを導入しているのを参考にした。利用者は投稿前にHP上で登録する。興味のあるテーマやアイデアの検索もできる。

井上梅次氏死去(映画監督)(時事通信)
<脱税>J&J日本法人の元代表を在宅起訴(毎日新聞)
首相、名護市長と会談(時事通信)
10代里見名人獲得なるか!?…将棋女流名人位戦第3局速報中(スポーツ報知)
<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)

国家公務員削減「3万5千人以上」枝野刷新相(読売新聞)

 枝野行政刷新相は14日のテレビ朝日の番組で、国の出先機関の統廃合に伴う国家公務員の削減について、「3万5000人以上」を目指す考えを表明した。

 枝野氏は今後、原口総務相ら関係閣僚とも協議したうえで、政府が今夏に策定する「地域主権戦略大綱」に、出先機関改革の基本方針を盛り込む方針だ。

 枝野氏は、政府の地方分権改革推進委員会が麻生前政権下の2008年12月の第2次勧告で、出先機関の統廃合によって職員約3万5000人の削減を目指すとしたことに触れ、「自民党時代にこの数字が出たのだから、国民の期待はこれがスタートラインだ。期待に応えないといけない」と述べ、前政権以上の目標を目指す考えを示した。

 統廃合の対象については、「税務署とか海上保安本部は地方に必要だが、(予算の)個所付け的なことを決める出先機関はいらない。地方で決めればいい」と述べた。主に国土交通省の地方整備局などが対象となるとの考えを示したものだ。

10年以内に財政健全化=政府予算の対案を了承−自民(時事通信)
温暖化基本法、環境税など盛り込みは「無理」 直嶋経産相(産経新聞)
「胸触っていいか」女性警察官2人にセクハラ(読売新聞)
脱北者「難民並み」に 政府、北朝鮮人権法改正を検討(産経新聞)
押尾被告 弁護側の保釈請求準抗告を棄却(産経新聞)

【核心】「サンラ」200億集金 王様ら「セレブ」餌(産経新聞)

 無登録で出資を募ったとして、今月3日、投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで警視庁の家宅捜索を受けた。ハワイのコーヒー農園、カナダ企業の未公開株などへの出資を呼びかけ約200億円を集めたとされるサンラ社。出資者の多くは「時事評論家」を名乗る元役員、増田俊男氏(71)に魅せられた。だが、多くの事業は破綻(はたん)状態に陥っている。(滝口亜希)

                   ◇

 「ニューヨークのど真ん中にビルがあるんですが、ここに住むことは世界で有数の金持ちというステータスなんです」。平成16年11月、都内で開かれたサンラ社の会員制投資クラブ「サンラ・インベストメント・クラブ(SIC)」の定例会。数百人の聴衆を前に、増田氏は「私の関係する会社もここに事務所があるんですが、隣に住んでいたのは、なんとブルネイの王様でした」と胸を張った。

 増田氏はこの場で、ハワイのコーヒー農園開発プロジェクトを「今までの投資総額は、すべて元がとれます」と説明した。しかし、警視庁などによれば、このプロジェクトは現在、ほぼ破綻状態という。

 出資者側代理人によると、SICの会員数は最盛期に1千人を超え、1人で約2億円を出資した会員もいるという。

 会員から熱烈な支持を受ける増田氏は講演活動の傍らで著書も20冊以上出版。公式ホームページや会員向け資料には「四十七士・早水藤左衛門の末裔(まつえい)」「ハワイ王国の全権大使」の文字も並ぶ。SICの定例会では、ビル・クリントン米元大統領や、妻のヒラリー・クリントン国務長官とのツーショット写真が上映された。

 「第二のマイクロソフトになる」「間もなく上場する。株価が40倍になる」。サンラ社は、カナダのIT企業の未公開株についてはこう勧誘し、12〜19年、約4700万ドル(当時のレートで約50億円)を集めたとされる。しかし、IT企業は現在も上場しておらず、配当金も滞っている。今回、警視庁が家宅捜索した容疑は、この件に関するもの。詐欺容疑での立件も視野に入れる。

 サンラ社をめぐっては、少なくとも20人が民事訴訟を起こしている。ある女性会員は「肯定的な話しかしないのが心強かった。今思えば宗教にはまっていたようなもの」と振り返った。

【近ごろ都に流行るもの】母性への共感 ゆるぎない絆と生命力(産経新聞)
<旧GWG>企業買収の仲介脱税事件 公認会計士逮捕へ(毎日新聞)
平松市長「大都市圏州を」 橋下構想に対抗する狙い(産経新聞)
千葉県勝浦市などで震度3(時事通信)
<名古屋市>自民党市議員団、住民投票条例案提出へ(毎日新聞)

「法律違反なら厳正に対応を」 北教組問題で川端氏(産経新聞)

 川端達夫文部科学相は16日午前の衆院予算委員会で、民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=側が北海道教職員組合から約1600万円の資金提供を受け選挙費用に充てていたとされる疑惑について「法律違反の場合は教育委員会と連携して厳正に対応したい」と述べた。

 その上で「教育現場では政治的中立は守らなければならないし、守られるように全力で対応する」と強調した。自民党の山本幸三氏が「山梨県教職員組合でも同じような話があった」とただしたのに答えた。

 

取り調べ全面可視化の意向=地検に機材など協力要請−歩道橋事故で検察官役弁護士(時事通信)
国民新党、シュワブ陸上部への移設提案へ(読売新聞)
開府400年 名古屋テーマに創作講談(毎日新聞)
埼玉県警初、山口組総本部を家宅捜索 暴力団抗争事件で(産経新聞)
比較的速い判断=トヨタのリコールを評価−経産相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。