So-net無料ブログ作成

カラフルなEV“パト”出発! さいたま市(産経新聞)

 地球温暖化の一因とされる二酸化炭素を排出しない電気自動車(EV)の普及を目指すさいたま市は26日、全10区役所に導入したEVの出発式を行った。EVは防犯パトカーとして市内を巡回するほか、市のイベントや小中学校の体験授業に登場し、EVの普及、啓発活動にも活用されるという。

  [フォト] 幻の「GT−Rパトカー」 子供たちに大人気

 導入されたEVは三菱自動車工業製の「アイ・ミーブ」。区ごとのイメージカラーに彩色されている。

 清水勇人市長は「親しみやすいデザイン。パトロール活動を通じ、地域の子供が間近に接する最初のEVになる」と話していた。

 また、市と三菱自工は26日、EVの普及に向けて協力する「E−KIZUNA Project協定」に締結した。締結は3社目。

【関連記事】
【クルマの達人】「アイ・ミーブ」 俊敏さを備えた「電気の走り」
「150万〜250万円なら購入」アイ・ミーブ試乗者アンケート
個人販売向け「アイ・ミーブ」値下げ検討
九電が「アイ・ミーブ」などEV36台導入
三菱供給のプジョーEV 予約2000台

<普天間移設>平野官房長官「5月は政府起案の期限」(毎日新聞)
【風】増税は「喫煙者いじめ」?(産経新聞)
山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)
「小沢氏の潔白信じたい」=国民への説明見守る−鳩山首相(時事通信)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。